HOME  >  技術情報TOP  >  排水性トップコート工法
排水性トップコート工法 景観・環境に配慮した舗装や工法 経済性に優れた舗装や工法 耐久性に優れた舗装や工法
NETIS登録番号:KT-980202-V
NETIS掲載期間終了
排水性舗装の表面強化工法で、骨材の飛散、空隙つぶれ、摩耗を抑制します。
概要
「排水性トップコート工法」は、排水性舗装上に硬化性の強化樹脂(メタクリル樹脂等)を霧状に散布・浸透後、硬質骨材を散布して仕上げる工法で、強固な皮膜の形成により、排水性舗装の耐久性を高めます。
特長
  • 骨材表面および骨材接点に、強靱で接着性に優れた樹脂強化膜が形成されるため、骨材が飛散しにくくなります。
  • 樹脂強化膜がアスファルトのダレを防げため、空隙つぶれを抑制できます。
  • 散布する樹脂に着色することが容易のため、カラー舗装にもできます。

適用場所
  • 交差点内および車両停止部
  • 高速道路のサービスエリア、パーキングエリア、インターチェンジの進入路等
  • コールドジョイント部
  • 景観を考慮した排水性舗装
  • タイヤチェーン装着のある箇所
排水性トップコート工法の概念図
図-1 概 念 図
排水性トップコート工法の車輪通過回数と透水量の関係
図-2 車輪通過回数と透水量の関係
排水性トップコート工法のラベリング試験
図-3 ラベリング試験