HOME  >  技術情報TOP  >  薄層排水性オーバーレイ舗装 薄層ドレーンミックス工法
薄層排水性オーバーレイ舗装/薄層ドレーンミックス工法 景観・環境に配慮した舗装や工法 安全性に配慮した舗装や工法 経済性に優れた舗装や工法
NETIS登録番号:KT-070045-V
NETIS掲載期間終了
特殊排水性混合物を既設舗装上に薄層でオーバーレイする工法です。排水機能や騒音低減機能が低下した排水性舗装を経済的に修繕することができます。
概要
「薄層ドレーンミックス工法」は、機能的に破損した舗装路面に特殊小粒径排水性混合物を薄層(25mm程度)でオーバーレイする工法です。切削工程を省略し、また舗装厚を薄くすることができ、切削廃材の発生や修繕時の振動・騒音の発生を抑制しつつ、排水および騒音低減機能を確保することができます。
特長
  • 切削工程を省略できるため、工期短縮・施工時の沿道環境の改善が可能です。
  • 切削オーバーレイ工法よりも省資源化かつ低コスト化が図れます。
  • 既設路面が排水性舗装の場合、排水機能を強化することができます。
  • 既設路面が密粒度舗装の場合、排水機能を付加することができます。

適用場所
  • 既設排水性舗装路面(機能強化)
  • 既設密粒度舗装路面や一般的な舗装路面(機能付加・予防的維持)
薄層ドレーンミックスの適用事例
写真-1 適用事例
薄層ドレーンミックスの標準断面図
図-1 標準断面図