HOME  >  技術情報TOP  >  ゴム粒子入り凍結抑制舗装 ルビット舗装
ゴム粒子入り凍結抑制舗装 ルビット舗装 安全性に配慮した舗装や工法
NETIS登録番号:KT-990006-V
NETIS掲載期間終了
ゴム粒子の働きにより、路面の凍結を抑制することができるため、冬期の走行安全性向上に寄与します。
概要
 「ルビット舗装」は、粉砕した廃タイヤのゴム粒子を混入した特殊なアスファルト舗装で、積雪寒冷地の路面凍結を抑制することができます。
 ルビット混合物は、骨材・アスファルト・フィラーおよびゴム粒子からなり舗装表面に突出したゴム粒子の弾力性により路面の氷結層を破砕していくという考え方の特殊舗装です。
 なお、ルビット混合物は、通常のアスファルトプラントで製造でき、通常のアスファルト舗装と同様の施工機械で舗設可能です。
特長
  • 舗装表面に突出したゴム粒子の働きにより、路面の氷結層が走行車両の荷重で破壊されやすくなるため、路面の凍結抑制効果が期待できます
  • 路面に圧雪層が形成された場合、圧雪層と路面のはく離およびシャーベット化が促進されるため、除雪効率が向上します
  • 路面にゴム粒子が突出していることおよび混合物自体の表面が粗いことなどから、路面のすべり抵抗性が向上します
  • 混合物中の粗骨材量とアスファルト量が多い配合であるため摩耗抵抗性に優れています。
  • 改質アスファルトの使用を標準としているため、積雪寒冷地の一般的な表層用混合物と比較して流動抵抗性が向上します

適用場所
  • 積雪寒冷地において路面の凍結抑制が望まれる道路
  • 温暖地域においても冬期に凍結しやすい道路や橋梁の表層など

備考
ゴム粒子入り凍結抑制舗装・ルビット舗装の概念図
図-1 ルビット舗装の概念図
ゴム粒子入り凍結抑制舗装・ルビット舗装の適用事例
写真-1 適用事例
ゴム粒子入り凍結抑制舗装・ルビット舗装の舗装表面拡大図
写真-2 舗装表面拡大図
ゴム粒子入り凍結抑制舗装・ルビット舗装の標準的性状
表-1 標準的性状