HOME  >  技術情報TOP  >  振動軽減舗装 ロードサスペイブ
振動軽減舗装 ロードサスペイブ 景観・環境に配慮した舗装や工法
NETIS登録番号:KT-150054-A
特殊改質アスファルト混合物の働きによって、道路交通振動を低減するアスファルト舗装です。
概要
「ロードサスペイブ」は、 舗装の補修時や新設時に、表層直下に振動減衰性能の高い特殊改質アスファルト混合物(ロードサスミックス)を舗装することで道路交通振動の低減が可能となる舗装です。
従来の路床改良や路盤強化といった大規模な対策を実施することなく、短期間の工事で沿道の生活環境を改善することができます。
特長
  • ロードサスミックスが車両通行時に発生した振動エネルギーを吸収・減衰することにより、振動を低減します。
  • 表基層の切削オーバーレイ工法のみで対応できるため、 全層打換えによって舗装構造を強化する従来工法に比べて省資源・低コスト・工期短縮が図れます。
  • 交通振動の低減効果だけでなく、舗装のリフレクションクラック抑制効果も期待できます。

適用場所
  • 都市部の道路および生活道路
  • 交通振動により生活環境が著しく損なわれ、早急な改善が必要とされる道路
  • ハンプ等の人口段差やすべり止め舗装として道路表面に設けられた微小な段差により振動が発生する箇所

種類と適用条件
ロードサスペイブの振動減衰層にはロードサスミックスの適用を標準としますが、特殊制振シート(ロードサスシート)を適用する場合があります(表-1参照)。

備考
  • 表層にポーラスアスファルト層を適用する場合、表層と基層の間に中間層が必要です。
  • 基層以下には安定処理路盤を用いる必要があります。
振動軽減舗装 ロードサスペイブの概念図
図-1 ロードサスペイブ概念図
振動軽減舗装 ロードサスペイブの施工事例
写真-1 施工事例
振動軽減舗装 ロードサスペイブの振動低減効果の比較
図-2 振動低減効果の比較例