HOME  >  技術情報TOP  >   連続鉄筋コンクリート工法(CRCP)
連続鉄筋コンクリート工法 安全性に配慮した舗装や工法 耐久性に優れた舗装や工法
横収縮目地を省いて連続した鉄筋コンクリート版とする工法で、走行時の振動や騒音を抑えることができ、長寿命化舗装の基盤にも適用できます。
概要
「連続鉄筋コンクリート舗装」は、連続に設置した縦方向鉄筋でコンクリートの横収縮クラックを分散させ、 横収縮目地を全く設けないコンクリート舗装です。
目地を省くことにより振動や騒音が軽減され、 走行安全性が向上します。
特長
  • 横目地を設けないため、振動や騒音が軽減され車両の走行性が向上します。
  • コンポジット舗装のホワイトベースとして用いると、リフレクションクラックの発生を抑制します。

適用場所
  • 重交通道路、高速道路、空港の滑走路・誘導路・駐機場、コンテナヤード、工場構内等
連続鉄筋コンクリート工法の施工状況(1)
連続鉄筋コンクリート工法の施工状況(2)
写真-1 施工状況