HOME  >  技術情報TOP  >  転圧コンクリート舗装(RCCP)
転圧コンクリート舗装(RCCP) 耐久性に優れた舗装や工法 経済性に優れた舗装や工法
通常のコンクリート舗装の課題である、簡便な施工、工期の短縮、早期の交通開放が可能です。また、施工規模が大きいほど経済的な工法です。
概要
「RCCP」は、単位水量の少ない硬練りコンクリートを通常のアスファルト舗装と同等の機械で施工できるため、通常のコンクリートに比べて施工性が向上し、養生時間の短縮による工期短縮、早期交通開放が可能です。
特長
  • 通常のコンクリート舗装に比べ工期短縮、早期交通開放が可能です。
  • 施工規模が大きいほど経済的です。
  • 型枠を使用しない施工が可能です。

適用場所
  • 重加重道路
  • コンテナヤード
  • 工場構内舗装
  • 空港のエプロンや誘導路
  • トンネル内
転圧コンクリート舗装(RCCP)の施工状況(1)
写真-1 施工状況
転圧コンクリート舗装(RCCP)の施工状況(2)
写真-2 施工状況