HOME  >  技術情報TOP  >  マルチレーンペーブメント工法
マルチレーンペーブメント工法 耐久性に優れた舗装や工法 経済性に優れた舗装や工法
NETIS登録番号:QS-980139-V
NETIS掲載期間終了
2種類のアスファルト混合物を同じ厚さで、帯状に敷きならすことにより、従来工法と比較して施工の合理化・省力化および材料費の低減が可能です。また、景観舗装への応用も可能です。
概要
「マルチレーンペーブメント工法」は、2種類のアスファルト混合物を同じ厚さで、並 列に敷きならす工法です。大型車の車輪走行部のみに耐流動性アスファルト混合物をその他の箇所に通常のアスファルト混合物を敷きならすことにより、合理的な舗装を行うことができます。
特長
  • 異なる混合物の敷きならしを同時に行うことにより、舗装が一体化されます。
  • 車両の誘導路や景観舗装等にも応用できます。

適用場所
  • 重交通道路
  • コンテナヤード
  • 誘導路
  • 工場構内道路

備考
マルチレーンペーブメント工法の施工状況
写真-1 施工状況

マルチレーンペーブメント工法の施工概念図(1) マルチレーンペーブメント工法の施工概念図(2)
図-1 施工概念図