HOME  >  技術情報TOP  >  マルチアスファルトペーバ(MAP)
マルチアスファルトペーバ(MAP) 機械やシステム
NETIS登録番号:QS-980139-V
NETIS掲載期間終了
2種類のアスファルト混合物を2層同時あるいは帯状に敷きならすことができ、従来の施工と比較して施工の合理化・省力化および材料費の低減が可能です。
概要
「マルチアスファルトペーバ(MAP)」は、2種類のアスファルト混合物を異なった厚さで2層同時に敷きならす「デュアルアスファルトペーブメント工法」と、2種類のアスファルト混合物を帯状に敷きならす「マルチレーンペーブメント工法」が可能なアスファルトフィニッシャです。従来の機械に比べ、機能を有する高価材料を薄層で敷きならすことができることから、イニシャルコストを低減することができ、また、工期の短縮も図れます。
特長
【 デュアルアスファルトペ−ブメント工法 】
  • 各層の施工厚を粗骨材最大骨材粒径の1.5〜2倍程度の薄層で敷きならすことができます。
  • 高価な表層材料の使用量を低減することができます。
  • 新たな機能性舗装を構築することができます。
  • 上、下層異なった幅員で施工することができます。

【 マルチレーンペーブメント工法 】
  • 大型車の車輪通過箇所のみに高価な改質アスファルト混合物を、その他の部分に通常のアスファルト混合物を帯状に同時施工することができます。
  • 敷きならし・転圧を同時に行うことにより、舗装が一体化されます。
  • 車両の誘導路や景観舗装等にも応用できます。

適用場所
  • 高速道路および幹線道路
  • バスレーン
  • コンテナヤード
  • 誘導路
  • 工場構内

備考
マルチアスファルトペーバ(MAP)
マルチアスファルトペーバ(MAP)の仕様
図-1 マルチアスファルトペーバ(MAP)
デュアルアスファルトペ−ブメントとマルチレーンペーブメント図-2 デュアルアスファルトペ−ブメント

マルチレーンペーブメント

デュアルアスファルトペ−ブメント工法
図-3  デュアルアスファルトペ−ブメント工法
マルチレーンペーブメント工法
図-4 マルチレーンペーブメント工法