HOME  >  技術情報TOP  >  保水性舗装 ホスイペイブ
保水性舗装 ホスイペイブ 景観・環境に配慮した舗装や工法
NETIS登録番号:KT-070018-V
NETIS掲載期間終了
舗装体内に蓄えた水分が蒸発することにより、路面温度の上昇を抑制し、ヒートアイランド現象の緩和に寄与します。
概要
「ホスイペイブ」とは、舗装路面温度の上昇抑制を目的に、特殊開粒度アスファルト混合物の空隙部分に、鉱物質系の保水材を配合した保水性グラウトを充填した保水性舗装です。
特長
  • 舗装空隙に吸水性と保水性に優れた鉱物質系のグラウトを充填しているため、夏期の路面温度上昇を抑制してヒートアイランド現象の緩和に寄与します。
  • 施工は、一般的な施工機械を使用し、半たわみ性舗装とほぼ同様な方法で行うことができます。
  • 母体となる特殊開粒度アスコンに高粘度改質アスファルトを使用することにより、耐流動性に優れた舗装となります。
  • 表面付近のグラウトを除去することにより適度な凹凸ができるため、散水した水及び雨水を効率的に吸収することができます。

適用場所
  • 車道
  • 園路や公園内等の広場
  • 都市部のビルまわりや駐車場

備考
保水性舗装・ホスイペイブの概念図
図-1 概 念 図
保水性舗装・ホスイペイブの適用事例
写真-1 適用事例
保水性舗装・ホスイペイブの舗装表面
写真-2 舗装表面