HOME  >  技術情報TOP  >  舗装診断システム FWD舗装評価システム
fwd_title.gif 機械やシステム
各層ごとに舗装体の強度(支持力)や状態を非破壊で知ることができます。また、舗装の残存価値の推定や補修工法の選定をすることができます。
概要
「FWD舗装評価システム」は、FWDにより測定した舗装表面のたわみ量をもとに、多層弾性理論により舗装構造を評価するシステムです。
特長
  • 非破壊で測定することができます。
  • 1測点あたりの測定時間が2分程度なので、短時間に多数の測定が可能です。
  • 同一路線において多数測定することができ、路線全体が効率的に評価できます。
  • 各層ごとの残存価値を推定できるため、適切な維持修繕工法を選定できます。

適用場所
  • 一般道路や高速道路の既設アスファルト舗装(埋設物上や床版上を除く)
FWD測定車の外観
写真-1 FWD測定車の外観
FWD測定車による測定の様子
写真-2 測定の様子
    

舗装診断システム・FWDの構成
図-1 FWDの構成