HOME  >  技術情報TOP  > 表面塗布型凍結抑制舗装 フリーズオフペイブ
表面塗布型凍結抑制舗装 フリーズオフペイブ 安全性に配慮した舗装や工法
路面に擦り込んだ弾性樹脂モルタルの働きにより路面の凍結を抑制し、冬期の走行安全性を確保します。     
概要
「フリーズオフペイブ」とは、廃タイヤをチップ化し樹脂コーティングした特殊ゴム骨材と、 ウレタン系の樹脂を混合したものからなる弾性樹脂モルタルを、排水性舗装の表面 間隙に擦り込んだ表面塗布型の凍結抑制舗装です。
特長
  • 交通車両の荷重によって発生する弾性樹脂モルタルのたわみ性により、 舗装表面の雪氷のはく離や破砕が促進し、凍結抑制効果を発揮します。
  • ロードヒーティングや凍結防止剤散布などのように、舗装表面の雪氷を 消融雪させる効果は期待できませんが、降雪や凍結の初期に凍結抑制効果 を発揮するため、通常行われている冬期の路面管理を補う工法としての役割が期待できます。
  • 弾性樹脂モルタルの適度な空隙による排水機能により、車両の走行安全性 の向上や、交通騒音の低減等の効果を有しています。

適用場所
  • 凍結が予想される道路
  • 騒音低減が必要な道路
  • 凍結対策と騒音低減両方を求める道路

備考
表面塗布型凍結抑制舗装・フリーズオフペイブの適用事例
写真-1 適用事例
表面塗布型凍結抑制舗装・フリーズオフペイブの概念図
図-1 概 念 図
表面塗布型凍結抑制舗装・フリーズオフペイブの舗装表面
写真-2 舗装表面