HOME  >  技術情報TOP  >  デュアルアスファルトペーブメント工法
デュアルアスファルトペーブメント工法 景観・環境に配慮した舗装や工法 安全性に配慮した舗装や工法 経済性に優れた舗装や工法
NETIS登録番号:QS-980139-V
2種類のアスファルト混合物を2層同時に敷きならすことにより、従来工法と比較して施工の合理化・省力化および材料費の低減等が可能です。
概要
「デュアルアスファルトペーブメント工法」は、『マルチアスファルトペーバ(MAP)』を使用して2種類のアスファルト混合物を異なった厚さで2層同時に敷きならす工法です。
従来の舗装に比べ、機能を有する高価材料を薄層で敷きならすことができることから、イニシャルコストを低減することが可能で、工期の短縮も図れます。
MAPは、下層、上層用の2つのホッパを持ち、チャージャによりアスファルト混合物を各ホッパに供給します。
各層の施工厚を骨材最大骨材粒径の1.5〜2倍程度の薄層で敷きならすことができます
特長
  • 各層の施工厚を骨材最大骨材粒径の1.5〜2倍程度の薄層で敷きならすことができます。
  • 高価な表層材料の使用量を低減することができます。
  • 新たな機能性舗装を構築することができます。
  • 上層と下層を異なった幅員で施工することができます。

適用場所
  • 高速道路及び幹線道路
  • バスレーン
  • 工場構内

備考
デュアルアスファルトペーブメント工法の施工断面
写真-1 施工断面
デュアルアスファルトペーブメント工法の2層組合わせ(1)/小粒径排水性混合物と排水性混合物 デュアルアスファルトペーブメント工法の2層組合わせ(2)/低騒音混合物と普通密粒混合物
図-1 2層組合わせ例

デュアルアスファルトペーブメント工法の施工概念図(1) デュアルアスファルトペーブメント工法の施工概念図(2)
図-2 施工概念図