HOME  >  技術情報TOP  >  軟弱路床安定処理工法 ディープスタビ
軟弱路床安定処理工法  ディープスタビ 景観・環境に配慮した舗装や工法 経済性に優れた舗装や工法 耐久性に優れた舗装や工法
 支持力の低い路床に安定材を加えて混合することで、支持力を改善することができます。
概要
「ディープスタビ」は、スタビライザを用いた路上混合方式により現位置でセメントや石灰などの安定剤を添加混合して軟弱路床を改良する安定処理工法です。
特長
  • 現位置で路床を改良するので、不良土処分、良質土搬入作業が不要となり、工期が短縮できます。
  • 支持力が改善されることにより、舗装厚を薄くすることができ、経済的です。
  • 最大深さ1mまでの改良が可能です。

適用場所
  • 高含水比粘性土等の軟弱路床
  • 仮設道路の構築
軟弱路床安定処理工法 ・ディープスタビの施工状況(1)
写真-1 施工状況(1)
軟弱路床安定処理工法 ・ディープスタビの施工状況(2)
写真-2 施工状況(2)