HOME  >  技術情報TOP  >  半たわみ性舗装 ベアコート,カラーベアコート,カラーベアコート(A)
半たわみ性舗装  ベアコート、カラーベアコート、カラーベアコート(A) 景観に配慮した舗装や工法 耐久性に優れた舗装や工法
アスファルト舗装のたわみ性とコンクリート舗装の剛性を複合的に活用して、重車両の交通に耐えるとともに、明色性や景観、耐油性および難燃性などの特長を有する舗装です。
概要
「ベアコート」は、開粒度タイプのアスファルト混合物の空隙に特殊セメントミルク(ベアコートミルク)を浸透させて仕上げる工法で、 耐流動性および耐油性に効果を発揮すると共に、路面の明色化、着色化が可能です。
使用するセメントミルクは、セメント、樹脂、増量材などの各材料を現場で混合するタイプと、現場配合の簡素化を図ったプレミックスタイプ (ベアコートセット)の2種類があります。
【 カラーベアコート 】
開粒度アスファルト混合物の空隙に顔料で着色したカラーベアコートミルクを充填させて仕上げる工法です。
【 カラーベアコートA 】
有色骨材や玉砂利を用いた開粒度アスファルト混合物の空隙にカラーベアコートミルクを充填させて仕上げた後に、表面をショットブラストや研磨して有色骨材を露出させる工法です。 特長
  • 交通荷重によるわだち掘れに対する抵抗性があります。
  • 静止荷重による変形に対する抵抗性があります。
  • 油類やアルカリ類に対する抵抗性に優れ、かつ難燃性があります。
  • 路面温度の上昇を抑制します。
  • カラー化することにより、周辺景観との色彩の調和が図れます。
  • 養生は3時間、1日、3日など交通解放時間に応じた調整が可能です。

適用場所
  • 交差点付近、バスターミナル、料金所などの耐流動性が要求される箇所
  • パーキングなどの耐流動性、耐油性が要求される箇所
  • トンネル内などの明色性が要求される箇所
  • バスレーンなどの耐流動性、カラー化が要求される箇所
  • 公園、商店街、建築外構などの景観が要求される箇所
半たわみ性舗装・ベアコートの模式図
図-1 ベアコート模式図
ベアコート カラーベアコート
ベアコート カラーベアコート
カラーベアコートA(1) カラーベアコートA(2)
カラーベアコートA
写真-1 舗装表面拡大図