HOME  >  技術情報TOP  >  大粒径舗装 ボルダペイブ
大粒径舗装  ボルダペイブ 経済性に優れた舗装や工法 耐久性に優れた舗装や工法
NETIS登録番号:CG-990019-A
最大粒径30mm以上の骨材を使用し、良好な骨材の噛み合わせ効果により耐流動、耐摩耗性を向上させた長寿命アスファルト舗装で、トータルコストの低減が可能です。
概要
「ボルダペイブ」は、耐流動・耐摩耗性を向上させたアスファルト舗装です。施工厚を通常の舗装に比べて厚く(10〜30cm)施工することができるため、交通渋滞の原因の一つである舗装打換え工事において、工期短縮が図れ、交通渋滞の緩和に貢献できます。
特長
  • 骨材の最大粒径および粗骨材の占める割合が大きく、良好な骨材の噛み合わせ効果が得られることから流動わだち、摩耗わだち対策に最適です。
  • シックリフト工法により1層が10〜30cm厚で施工ができるため、通常の1層 5cm×2〜3層に比べて工期の短縮が図れます。

適用場所
  • 大型車が著しく多い重交通道路および高規格幹線道路
  • 舗装打換え工事において、早期交通開放が必要となる道路