私たちの仕事

機械職

2014年入社 東京支店扱作業所 久我 勇貴

仕事内容

アスファルトフィニッシャーという機械のオペレーターとして、アスファルト合材の敷きならしなどを担当しています。身近な現場としては、駐車場や道路の舗装や補修などです。
現場が決まったら、アスファルトフィニッシャーを現場へ運んでくれる回送業者さんと打合せをします。当日は事前に機械を温めておく必要があるので、現場の担当者と打合せをして、スケジュール調整をします。その他、問題なく作業が進められるよう、機械をメンテナンスするのも私の仕事です。

活かせる経験・スキル

私は工業高校でアーク溶接やガス溶接などを学びましたが、これらの知識は活かされていると思います。機械系の学校で得た知識は、仕事のうえで土台となるでしょう。また、プロジェクトなどで、周囲と協力しながら自身の役割を果たしてきた経験があれば、良い現場づくりに活かせるのではないでしょうか。機械操作は1人で行うものと思われがちですが、安全かつスムーズに仕事を進めるには、周囲への配慮が欠かせません。また、現場は朝早いことも多いので、入社前から生活リズムを整えておくことをおすすめします。寝ぼけた状態では、いい仕事ができませんから。

機械職に向いている人

機械いじりが好きな人。機械に乗り、メンテナンスなどを行う仕事ですから、これは必須です。整備する際には汚れてしまうこともありますが、機械いじりが好きだと、それすら気にならなくなります。 何よりも、元気でハキハキした人ですね。機械を操作する際には、「動きますよ」など声を出し、周囲に注意を促す必要があります。そんなとき声が小さかったり、モジモジしていたりしては、仕事になりません。また現場がスムーズにいくように現場監督と相談や作業員への指示など意外と人との関わりが多い仕事です。そのうえでは、コミュニケーション能力も欠かせません。

1日の仕事内容

<<現場>>

  • 機械準備・施工

<<事務所>>

  • 作業日報
  • 翌日の準備

必要なスキル

  • セルフコントロール力
  • コミュニケーション能力
  • 集中力
  • 注意力
  • エントリー マイナビサイトへ
  • お問い合わせ