1. TOP
  2. 対談 社長×若手社員

対談 社長×若手社員

  • 2015年入社重田 博哉
  • 2015年入社林 龍一
  • 代表取締役社長今枝 良三

3者3様、前田道路に入社した理由

今枝社長
こうやって新入社員と話をする機会は貴重なので、いまの若者がどんなことを考えているのか知りたいと思っています。まず、最初に二人はどうして当社を選んだのかい?


土木業界に興味をもったなかでも、道路というのは施工期間が短く、特に前田道路は小型の案件が多かったため、数多くの現場にいけると思いました。あと、大きな会社で安定しているということもひとつです。福利厚生もしっかりしていたので。

今枝社長
大学生のころに、福利厚生がどうとか、経営が安定しているとかまで分かったの?


実際のところは……道路会社を大きいところから順番に受けました(笑)。

重田
自分も大学は土木を専攻していました。最初はゼネコンなど大規模な業界、分野を見ていたのですが、活動するなかで少し視野が広がって、何かひとつの分野に強みがある、エキスパートのような会社も考えるようになりました。公共インフラが面白そうと思ったときに、特に重要なのが道路じゃないかと考えました。そして、同じように道路会社を上から順番にみて、まず前田道路を受けました。

今枝社長
僕も学生時代は土木工学をやっていてね。特にコンクリート分野。本当はゼネコンに行きたい、ダムをつくりたいとか思うじゃない。だけど、第二次オイルショックという時代だったから就職が一気に難しくなってね。公務員になるかスーパーゼネコンに行くかと考えていたのだけど、これは大変だぞと。そんなこともあり、道路会社を受けてみたんだ。人気はなかったけど、コンクリートを勉強していたわけだから、道路にも学んだことを活かせるだろうって。ところが入ってみたら、コンクリートは小構造物しかなくて。アスファルトなんて学校で習ってないから、ゼロからのスタートだったね。

新人が感じている、仕事のやりがい

今枝社長
それぞれの配属先で一所懸命やってくれていると思うけど、どんなことにやり甲斐を感じている?


入社した理由でもあるのですが、今携わっているのが小型の工事が多いんです。1日に2つの現場を移動しながら担当することも珍しくなく、長くても、1日で路盤を作って、次の日は舗装という仕事です。すぐに現場が変わるので、飽きないです。それぞれやることは違いますし、使う合材も変わってきます。いつも新しいことではありませんが、違うことをたくさん経験できることがやり甲斐です。

今枝社長
場数を踏むことは大事だよね。同時に、この業界の標準的な仕事も経験してほしいと思うよ。国交省の仕事ね。いまは民間をやっているなら、ある程度のノウハウや用語が分かってくるようになる。次のステップは、官庁からもらう元請けの仕事に携わること。将来的に、官庁も民間もオールマイティにできる人材になってほしいね。

重田
自分は逆で、大型現場で道路の改良に携わっています。工事の規模が大きいので、最初の頃はどうしても、住民の皆さんから「邪魔だな」という目で見られていました。でも完成が近づくにつれて。「キレイになった」「見栄えが良くなった」なんて声をいただけるようになりました。やはり住民の方からしたら、街のブランドや価値が上がっていくわけで。工事の進捗とともに、住民の方々の気持ちまで変化させられることにやり甲斐を感じています。現場に差し入れを届けてくださる方もいて、そういうときに「役に立てているんだな」と思います。

今枝社長
そのうち、「うちの娘をもらってくれ」とか言われるよ(笑)。昔は、「養子にこないか」なんて言われることがあったんだよ。あと冬になると寒いから、「弁当持ってきているなら家で食べていかないか」なんて声を掛けてもらえてね。そういう経験ができるのも、大規模や長期間の現場ならではの魅力。それぞれが数年ずつ今の現場を経験して交代するとか、両方の仕事を早いうちに経験できると良いね。

新入社員が、社長に質問

重田
またとない機会なので、社長にお伺いしたいことがあります。自分たちはまだ1年目なので、分からないことだらけで、悩んでいる暇もありません。しかし数年後には、いろいろな壁が待ち構えていると思っています。どんな壁にぶつかるのか、それをどうやって乗り越えていくのか。社長の経験を伺いたいです。

今枝社長
僕も新人の頃は、全部が目新しくって、これも興味ある、あれも興味あるって思ったことがあったな。でも3年位経つと、「また同じ仕事か」「これが定年までつづくのか」なんて感じたこともあったよ。でもね、当時の上司がうまかったのかな。飽きたころに新しい仕事を任せてくれた。民間をやっていたけど、飽きを感じたころに官庁の仕事をやらせてもらう。それも少し飽きたころ、慣れたってことなんだろうけど、そうすると同じ仕事でもより深いところまで任せてもらえた。技術だけじゃない、書類のことも経験できたんだ。そうするとね、自分が興味をもっている分野が少し見えてくる。たとえば、設計をやってみたいとか、品質管理をやってみたいとか。自分自身で興味を抱ける分野を探すっていうのは、働き続けていくなかで大事なことだと思うよ。僕も入社して3ヶ月位で逃げ出そうかと思ったもの(笑)。その後、数年間は辞めたいと思うことがたくさんあったね。


逃げようと思ったり辞めたくなった時、社長の支えになったものは何だったんですか?

今枝社長
僕はね、4年目の終わりに結婚をしたんだ。生活があるから辞めなかったという事もあるかもしれない。あとは上司がうまかった。ちょっとずつ違う仕事をやらせてね。他には、今の若い人があまり欲しがらないかもしれなけど、良いクルマに乗りたいとか、ゴルフをしたいとか、プライベートでの目標もあったね。何でも良いから、仕事以外にも目標をもつことも勧めたい。仕事は仕事での目標があって、休日にプライベートでの目標や、自分がやってみたいことがあると頑張れるはずだよ。

新人が抱く、夢と目標

今枝社長
二人はこれから、前田道路でどんな経験をして、こんな仕事がしたいとか聞かせてくれるかい?


いまは駐車場の仕事が多いので、今後は道路の舗装や構造物に挑戦したいです。同期と話をすると、それぞれ違う経験をしているので、自分も広い視野を持つために色々と経験して多くのことを吸収したいと思います。

今枝社長
そうだね。その中で、自分の得意なこと、やりたいことを見出していくのが一番だと思う。ひとつのことにはまって、それだけをやるのではなく、若いうちは、色々なことを見て回ったほうが良いと思う。

重田
自分はこの先、たくさん辛いことや厳しいこともがあると思うので、それを乗り越えられるように、まずは知識をつけていきたいです。そして5年後、10年後には、マネジメントというか、仲間を引っ張っていける人材になりたいです。

今枝社長
二人とも土木職だから、根本は技術をベースにすること。その上で、きちんとした商売をできるようになってほしいな。合理的とか早く作るだけでは、企業としては成り立たない。自分の技術を活かして、嫌な言い方になるかもしれないけど、どうやって儲けていくかを考えることも必要になる。その為に、やっぱり場数を踏むこと。

新人が想う、前田道路の将来

今枝社長
最後に、新入社員の二人に、前田道路をどんな会社にしていきたいと思っているのか聞かせてほしい。


私は、前田道路という会社の知名度を上げていきたいです。業界のなかでは名が知られていますが、学生時代の自分やその後輩たちにとっては、ほとんど知らない会社でした。会社の名前を知ってもらって、人が集まり、学生が入りたいと思う会社にしたいです。

今枝社長
もうちょっと、一般の方に対するアピールが大事だね。前田道路という存在が、広く認知されるようになるべきかなと思う。一番近い到達点として、道路業界でのナンバーワンを目指したいね。あとは後世に残り世間にアピールできるような仕事をとっていかなくてはいけないね。

重田
技術力については、前田道路は強いと思っています。ここをもっと強く、社長がおっしゃったように、国のイベントや行事で工事を担当して、発信していく。前田道路の高い技術を発信して、さらに大きな仕事を手掛けるというサイクルを作りたいです。そして日本全国で確立できたら、世界に挑戦していきたいと思っています。

今枝社長
重田くんは海外に行ってみたいのだね。当社の関連会社が、グアムにあるのは知っているかな。そういう会社を起点にして、もう少し海外事業を勉強していくべきだと思っている。僕が入社したころは、ペナンやクアラルンプール、バンコクの飛行場とかを手がけていたのだが、国が違えば文化が異なり、仕事が成り立たないという判断をしたことがある。今の時代はそうではなく、海外事業の基盤も作っていくべきだと考えているね。君たちのような若い社員が、海外で修行して技術を学んでくるという風にしていきたいね。
僕はなかなか、若い社員と話をする機会がないから、今日は本当に貴重な意見を聞けて嬉しかったです。二人もこの経験、ここで話したことを実現できるように、これからも頑張ってください。

重田
ありがとうございました。

  • エントリー マイナビサイトへ
  • お問い合わせ